ゆうじのFXのメモ帳

株式投資などにはないFX投資のメリット

株式投資などにはないFX投資のメリット

株式投資などにはないFX投資のメリットとして24時間取引可能という点がありますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に相場が動き取引が活況となりやすいです。

それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場の変動が大きくなる場合も多く、相当の注意を払っておくべきです。相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか知っておくべきでしょう。FX投資のノウハウの中にはその中でもサヤ取りという手段があります。
サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、割高な方を売却し、割安な方を購入して利益を得るという考え方です。投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、慣れるまではどちらの方法も儲けを出すのは難しいかもしれません。

とにもかくにも、システムとオーダーの出し方を頭に入れておきましょう。FX投資の際は、経済指標の発表日程はとても大切ですから、忘れずに確認したほうがよいでしょう。何かしらの経済指標の発表が行われたら、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、動向に注目するようにしましょう。

同じようなアプリでも実は様々です。
中には経済指標の発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、忘れないようにアラートメールを使って教えてくれるものもありますので、使ってみるのもいいでしょう。FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、FX業者をどこにするか選択次第で金額は変わってくるのです。



必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし中には、5万円、10万円という所もあるのです。
それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めるとリスクを小さくできるかもしれません。
ここ最近よく見られますが、タブレットでFX投資をしている人が多くなってきました。



なにしろ帰宅してPCの前に座ってチャートを見てやっと取引スタート、というのよりずっとスピーディで、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

チャートアプリなども大変充実してきましたので、あまり経験のない人でも取引は容易に行えるようです。この先はもっとFX投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々は増加する一方だと予測されます。

ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとするともちろん利益分相応の税金がかけられるわけで、税金の払い忘れがないよう気を配っておくことが大事です。大きな金額をFX運用で手に入れたのにそれを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、税務調査の手が入り税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。具体的な額として20万円より大きい利益となった時には、間違いなく確定申告をしておかなければなりません。
FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。投資を少しでも知ればわかりますが、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。

起こるべく起きた損失をどれだけ小さくできるかというのが先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で一番重要な鍵を握る点となるでしょう。

受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、絶対にそれを破ったり無視したりしないようにしましょう。
スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうFX投資の人気が高まってきており、FX投資用アプリのリリースを行なう業者も相当多く見られるようになりました。それらの業者のいくつかは、自社提供のFX用アプリをダウンロードしてFX取引を行なうようにすると、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。案外当てにできるネット上の口コミを参考にしたり、自分でも使ってみるなどしていろいろと比べ、使い勝手の良いアプリを選択してみましょう。
FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼ると儲けを増やしてはいけないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。フリーでも高機能のチャートソフトやアプリもいろいろありますので、それらを選んで上手に使いこなし、売り買いにベストなタイミングを見極めるのがよいでしょう。さらに、チャート分析におけるいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、広く知っておくと必ず役に立ちます。
FX業者は世に多くいますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかをしっかりと比較検討してください。

口座を設けるのは想像よりも苦労のいるものではありませんが、多くの業者で口座を作ると口座の切り盛りが難しいです。


新しく口座を作るとキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。


巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、投資可能額、投資法、それらによく適した業者をしっかり考えて選ぶべきでしょう。どの業者にするかで得られる利益も変わってくるものですから、熟考を重ねましょう。
最近は殆どの業者がそうですが取引手数料が無料であること、スプレッドが低くなっており、少額投資が可能になる最低取引単位が小さい業者が使いやすいかもしれません。

それから、ネット上で使う取引ツールについても操作性を知るためにデモ取引をしたりなど諸々試してみるとわかることも多いでしょう。
主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、反対に大損してしまい、家庭崩壊した主婦も存在します。特徴的にレバレッジが使えるFX投資では大きな儲けが出る反面、失うものも大きくなってしまうのです。FX投資を、夫に内緒でしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないようによく考えてください。
レバレッジを小さくして、用心深く投資するのが肝心です。
投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。



増えすぎた含み損が、前もって定められた水準を超えた場合、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。
その強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。

この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者ごとに違うので留意してください。



数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。実際の取引同様のデモトレードですが、バーチャル取引ですからどんなミスがあっても絶対に損が出ることはありませんし、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。性急に手持ち金を注ぎ込んで本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、忘れずに確定申告するようにしましょう。確定申告の時、FX運用を行う上で必要な諸々の必要経費分はもちろん利益分からはマイナスしておけることになっています。
そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、面倒がらずにきちんと確定申告をしておきますと、損失分を翌3年間は繰り越せることになっていますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.