ゆうじのFXのメモ帳

ひとつの方法として、FX投資の手法の中には有名な

ひとつの方法として、FX投資の手法の中には有名な

ひとつの方法として、FX投資の手法の中には有名な手法としてサヤ取りという方法があります。サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで利益を得るという仕組みです。サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領を呑み込むまではどちらにしても儲けを期待するのは難しいと思われます。
何はともあれ、システムと注文の方法をインプットしましょう。
多くのFX業者はFX取引を始めたい人のためにFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。バーチャルトレードですからどう転んでも懐は痛みませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。
あまり性急に手持ち金を使ってFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、手順ややり方にある程度慣れるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。



人気のFX投資を始めようとして、最初にどれ位の金額がかかるかというと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、ですからどのFX業者を利用するかにより金額は変わってくるのです。
その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったりその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶと大きな危険を冒さなくて済みそうです。
FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りは大事な手法です。
投資を少しでも知ればわかりますが、ダメージを受けずに利益だけ得られる状態はあり得ず、必ず損はします。損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのはFX投資で失敗しないように続けていく心積もりがあるのなら大切なポイントとなるはずです。



被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず特例を作らず絶対に守るようにします。


人気のFX投資ですが始めようとするならまず、利用したいFX業者をよく見極めて、投資額や投資のスタイルによくマッチした会社をじっくり選びましょう。



業者の選択は損益に大きく関わりますので、簡単に考えない方がいいです。



最近は殆どの業者がそうですが取引手数料が無料であること、スプレッドが低くなっており、最低取引単位が小さいことが使い勝手の良い業者です。意外と重要ですが、各業者で特徴の異なる取引ツールもどんな具合かを確かめるためにデモ取引など諸々試してみるとわかることも多いでしょう。

強制ロスカットというものがFXにはあります。



これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、前もって定められた水準を超えた場合、保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。



そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、それを知らせるために事前にマージンコールが発生し、証拠金を追加で入金すれば業者による強制ロスカットを回避することができます。


強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとすると当然その分税金がかかってきますので、うっかり税金を払い忘れることのないよう気を付けるべきでしょう。大きな金額をFX運用で手に入れたのに申告を忘れたりあるいは怠ったりしたため、税務調査の手が入り税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。
金額の目安は20万円、それ以上の利益をあげたら、確定申告を忘れてはいけません。
FX業者は世に多くいますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかを丁寧に吟味してください。
FXのための口座を開くのは言うほど難解ではないのですが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと口座の切り盛りが難しいです。最初の口座開設でキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。


FX投資をするうえでは、今後を決める非常に重要なものが経済指標の発表日程になるので、しっかり確認を怠らないようにしましょう。
経済指標の結果次第では、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、慌てずに対応できる心構えを持ちましょう。同じようなアプリでも実は様々です。


中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、いいでしょう。ただやみくもに運頼みでFX投資を行ってもそうそう利益はあげられないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。
より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、自分に合ったものを見つけて、売り買いを行う機会を考えてみるのは賢い手です。
さらに、チャート分析におけるいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、広く知っておくと必ず役に立ちます。


一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。
取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。
時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には為替相場の変動が大きくなる場合も多く、注目しておかなければいけません。重要な経済指標の発表日は知っておくのがセオリーです。

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、逆に家庭が崩壊するほどの大損をする、という主婦もいるのです。
FX投資の特徴として、レバレッジが使えるので、大きな儲けが出る反面、失うものも大きくなってしまうのです。誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、本当に大切なお金までつぎ込まないように用心してください。レバレッジを低めに設定して、用心深く投資するのが肝心です。ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、忘れずに確定申告するようにしましょう。
確定申告にあたり、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として得た利益の分から差し引けます。

それから、利益を上げられなかった場合であっても、面倒がらずにきちんと確定申告をしておきますと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。近頃の傾向としては、ハンディなタブレット端末を利用して隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、いつでもどこでも画面を見て取引を行えるのが一番大きな強みです。



チャートアプリなども大変充実してきましたので、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。どうやらこの先はさらにスマートフォンやタブレット端末を使って自在にFXをする人は増加する一方だと予測されます。タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、FX投資用アプリのリリースを行なう業者も同じ様に増えてきています。そういった業者の中には、自社アプリを利用してFX取引を行なうようにすると、いくらかのキャッシュバックがあるなどの恩恵つきキャンペーンを打っている所も珍しくなくなってきました。

とにかく実際に使って試してみたり口コミを探してみたりしてあれこれ存分に比べ、自分なりに使いやすいアプリを見つけ出すのが良いですね。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.