ゆうじのFXのメモ帳

ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても儲けを

ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても儲けを

ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても儲けを増やしてはいけないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、自分に合ったものを見つけて、売り買いにベストなタイミングを見極めるのがよいでしょう。


その上で、チャートのパターン、分析方法などの諸々の技術やコツなども、概ねを学んでおくのがおすすめです。


FX投資にはいろいろな方法がありますが、その中でも「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、片方を売却し、片方を購入することで利潤を期待するという考え方です。



サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領を呑み込むまではどちらにしても利益は見込めないかもしれません。何はともあれ、仕組みとオーダーの方法をご理解願います。
主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、家庭崩壊させてしまうほど、大損をしている主婦も存在します。


レバレッジが使えるFX投資では、利益が大きく出る反面、損失も大きなものとなってしまうのです。誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、生活に困らない程度のお金は残しておくように心してください。

低くレバレッジを設定して投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。
スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうFX投資の人気が高まってきており、FX投資用アプリのリリースを行なう業者も同じ様に増えてきています。
それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使って投資をスタートさせると、なんらかのメリットを受けられるキャンペーンを展開している所も出てきました。口コミの意見を調べたり実際に使ってみてじゅうぶん比較検討し、自分なりに使いやすいアプリを見つけ出すのが良いですね。FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。



取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大きく変動することがあり、留意しておく必要があります。

少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか頭に入れておくと良いでしょう。



金額にして20万円、一年間のうちにそれ以上の利益をFX投資で上げることができた場合には、確定申告を忘れないようにしましょう。


申告手続きに際し、FX投資に使った、例えば資料代なども含め諸々の経費は得た利益分から引いておけます。それから、利益を上げられなかった場合であっても、確定申告はしておきましょう。
申告しておくと、出てしまった損失分を翌3年にわたり繰り越すことが可能となっているので、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。


FX投資を始めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、FX業者にまず口座を作りますが、その時かあるいは取引を行なう時に最低証拠金が必要になるので、たくさんあるFX業者の中でどの業者を利用するかによって違う金額になります。
その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり5千円〜5万円の所もあって割と色々です。
もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますし高額の取引になる10000通貨の業者もあり、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶと大きな危険を冒さなくて済みそうです。

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はデモトレードという取引のシミュレーション環境を提供しているはずですので、必ず一度は試用してみるべきです。バーチャルトレードですからどう転んでも絶対に損が出ることはありませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。
あまり性急に手持ち金を使ってFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、取引のあらましを理解できるようになるまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。

FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、口座開設をどの業者で行うのかを用心深く考察してください。


FXのための口座を開くのは言うほど厄介なことはありませんが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと維持する手間がかかります。

いちから口座を設けるとキャッシュバックといった具合のキャンペーンに誘われないで、その人に適するFX業者を取捨選択しましょう。
FX投資においてうまく利益を得ることができた場合はもちろん利益分相応の税金がかけられるわけで、ちゃんと正しい金額の税金を払うよう気を付けるべきでしょう。



大きな金額をFX運用で手に入れたのにそのことを申告しないでいたために、税務署に詳しく調査されて税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、確定申告を忘れてはいけません。
FX投資はFX業者に口座を開設して始めますから、まずはいろんなFX業者を比較してみて、投資額や投資のスタイルによくマッチした会社を選択しなければなりません。どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。
なので、熟慮が必要です。取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者に向きます。



そして、実際の取引に使うツールの操作性などもデモを使ってみたりしていろいろ試してみるのがいいようです。
ここ最近よく見られますが、タブレットで自由にFX投資をする人々が増加中です。

帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてソフトを呼び出してやっと取引をスタートさせるよりずっと楽で、いつでもどこでも画面を見て取引を行えるのが一番大きな強みです。

便利に使えるFXアプリなども相当数出てきましたし、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。

これ以降はさらに一層、持ち歩けるスマホやタブレットをFX投資に使う人々は間違いなく増えていくでしょう。投資の中でもFX投資をしているのならば、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるため忘れずに確認したほうがよいでしょう。経済指標の発表が行われた途端、相場が慌ただしく変動することがあるので用心するに越したことはありません。たくさんあるFXアプリの中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、FX業者が、利用者のために忘れないようにアラート機能を提供しているので、利用するのもいいでしょう。FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。



これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、決められていたレベルに達すると、保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。
しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。


また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。FX投資に限らないのですが投資の世界においては、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。
投資というのはその性質上、絶対損しないということはあり得ずむしろ損失は必ず起こります。

損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。



ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、作ったそのルールを一貫して守るべきです。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.