ゆうじのFXのメモ帳

一般的な大部分のFX業者は、初心者向けある

一般的な大部分のFX業者は、初心者向けある

一般的な大部分のFX業者は、初心者向けあるいは自社のツール紹介も兼ねてFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、必ず一度は試用してみるべきです。
あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと損得は関係ありませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。

深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使ってFX取引をスタートさせるのは、特に慣れていない人には大変危ないですから、手順ややり方にある程度慣れるまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。FX業者はかなりの数が商売してますから、業者をうちからどこを選び口座を設けるのかをよくよく注意して考え、決めてください。投資用の口座開設は難しくありませんが、たくさんの口座を開くと維持する手間がかかります。
いちから口座を設けるとキャッシュバックの言葉で誘うキャンペーンに引っかからないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。ここ最近よく見られますが、タブレットで隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。



帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてソフトを呼び出してやっと取引をスタートさせるよりずっと楽で、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。便利に使えるFXアプリなども相当数出てきましたし、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。

どうやらこの先はさらにFX投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々は増加していくばかりでしょう。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、ですからどのFX業者を利用するかにより金額は違ってくるわけです。
最低保証金の具体的な例では100円という所や中には、5万円、10万円という所もあるのです。もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますしその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めるとリスクを低めに抑えられるでしょう。株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。



巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、日本では大体21時〜午前2時の間あたりは為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。


それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きく変動することがあり、これは要注意です。

重要な経済指標の発表日は調べておくと良いですね。


FX投資の際は、経済指標の発表日程はとても大切ですから、必ず確認しましょう。


何かしらの経済指標の発表が行われたら、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、動向に注目するようにしましょう。FXで使えるアプリは沢山ありますが、経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、忘れないようにアラートメールを使って教えてくれるものもありますので、使ってみるのもベターです。FX投資で大きな利益をあげた主婦も存在しますが、逆に家庭が崩壊するほどの大損をする、という主婦もいるのです。
レバレッジが使えるFX投資では、儲けが大きく出ることと同じように、逆に損失も大きく出てしまうのです。

夫に隠してFX投資をしたり、必要なお金までつぎ込まないようによく考えてください。少なくレバレッジを設定して、投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。
ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、必ず確定申告をしておきましょう。

確定申告の時、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として得た利益の分から差し引けます。


また、思ったように利益を増やせなかった時でも、面倒がらずにきちんと確定申告をしておきますと、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、ここはやはり確定申告をしておくことが必要です。


ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても儲けを増やしてはいけないでしょうから、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、自分に合ったものを見つけて、いつどのように売買を行うかを考えてみるのは賢い手です。


それに加え、チャートへの理解を深めるために分析方法の諸々の技術やコツなども、あらましを知っておくのがおすすめです。株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、損切りは大事な手法です。投資を少しでも知ればわかりますが、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。


損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかはFX投資で失敗しないように続けていく心積もりがあるのなら大変重要なポイントとなることは間違いありません。
損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、そのルールはトレーダーを守る大事なものなので破ったり無視したりしないようにしましょう。
FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。増えすぎた含み損が、前もって定められた水準を超えた場合、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。



そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので口座に入金し、証拠金を追加することで強制的な決済を回避することも可能です。

そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者ごとに違うので留意してください。
多くの手法が存在するFX投資ですが「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。

サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、一方を売って一方を買うことで利益を得るという考え方です。

サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが馴染むまではどちらの手法もなかなか利益はでないと思われます。何はともあれ、システムと注文の方法を押さえておくことが肝心です。

FX投資はFX業者に口座を開設して始めますから、まずはいろんなFX業者を比較してみて、投資額や投資のスタイルによくマッチした会社を選んだ方がよいです。

どの業者にするかで得られる利益も変わってくるものですから、軽々しく決めないでおきましょう。

取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいことが使い勝手の良い業者です。意外と重要ですが、各業者で特徴の異なる取引ツールも操作性を知るためにデモ取引をしたりなどいろいろ試してみるのがいいようです。ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとすると当然その分税金がかかってきますので、税金の払い忘れがないよう留意しておかないといけません。

多額の利益をFX投資で得ることができたのにそのことを申告しないでいたために、詳しく税務署に調査された挙句、追加で税金を課された人もいるのです。
金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、確定申告を忘れてはいけません。

タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、業者によるFX用アプリの提供もかなり多くなってきたようです。



そんな業者の中には、自社提供のFXアプリ使用でFX投資をスタートすることで、なんらかのメリットを受けられるキャンペーンを展開している所も出てきました。ネット上の評判を探してみたり、また実際に自分で試してみるなどしていろいろ突き合わせて検討し、自分に合うアプリを見つけ出すのが良いですね。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.