ゆうじのFXのメモ帳

数多くあるFX業者ですが、ほぼすべて

数多くあるFX業者ですが、ほぼすべて

数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。バーチャルトレードですからどう転んでも絶対に損が出ることはありませんし、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。

手持ちの大事なお金をいきなり動かしてFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、取引の手順やツールの操作に習熟するまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。

FX投資の際は、今後を決める非常に重要なものが経済指標の発表日程になるので、確認をしっかりしておいたほうがよいです。


経済指標の結果次第では、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、用心するに越したことはありません。

たくさんあるFXアプリの中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、忘れないようにアラートメールを使って教えてくれるものもありますので、使ってみるのもベストです。巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、自分が投資できる額や投資法に適した会社をしっかり考えて選ぶべきでしょう。業者をどこにするかで損益は変わってきますので、熟考を重ねましょう。取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。意外と重要ですが、各業者で特徴の異なる取引ツールもデモ取引をしてみるなどあれこれ知っておくとよいでしょう。


主婦の中にはFX投資で大金を儲けた方もいますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。特徴的にレバレッジが使えるFX投資では実際に、大きな利益が出る反面、損害も大きく出てしまうのです。
夫に言わずに、FX投資をしたり、生活に困らない程度のお金は残しておくように用心してください。



少なくレバレッジを設定して、注意をもって投資するのがオススメです。
何もわからない五里霧中の状態で運に任せてFX投資を試してもそう簡単には利益を出していけないので、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、それらを選んで上手に使いこなし、売り買いにベストなタイミングを大きく間違うことのないようにしましょう。
それだけでなく、チャートの分析に関する有用なテクニックは数多くありますのでそれらもまんべんなく知識として頭に入れておきましょう。


タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、FX投資用アプリのリリースを行なう業者も同様に増加中です。それらの業者のいくつかは、自社提供のFX用アプリをダウンロードして投資をスタートさせると、いくらかのキャッシュバックがあるなどの恩恵つきキャンペーンを打っている所も珍しくなくなってきました。

とにかく実際に使って試してみたり口コミを探してみたりしてあれこれ存分に比べ、使い勝手の良いアプリを探してみると良いでしょう。


スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操って空き時間にFX投資に勤しむ人が増えているようです。
PCをわざわざ立ち上げてそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、いつ、どこででもできるというのが大変な利点となっています。

便利に使えるFXアプリなども相当数出てきましたし、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。
この先はもっとスマホやタブレットを携帯してFX投資に活用する人々は間違いなく増えていくでしょう。



もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。



その申告の時に、FX投資に使った、例えば資料代なども含め諸々の経費は利益分からはマイナスしておけることになっています。仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、とりあえず確定申告は済ませておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、確実に確定申告をしておく必要があるでしょう。ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとすると当然その分税金がかかってきますので、「知らずに脱税してしまった」などということのないよう用心しておくべきです。



巨額の利益をFX投資で手に入れたというのにそのことを申告しないでいたために、税務調査が入ってしまい税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間によく相場が動いて取引しやすくなります。それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると大きな為替相場の変動があったりするので、気を付けておかなければなりません。



いくつかの経済指標発表の日程については知っておくのがセオリーです。さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、FX業者をどこにするか選択次第で金額は違ってくるわけです。具体的な金額としては100円の業者があったり5万円だったりもします。それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば高額の取引になる10000通貨の業者もあり、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな間違いはなさそうです。



強制ロスカットというものがFXにはあります。増えすぎた含み損が、決められているレベルを超えてしまったとすると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで業者による強制ロスカットを回避することができます。


また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率はFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという方法があるのをご存知でしょうか?サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで利益を得るという仕組みです。
スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、慣れるまではどちらの方法も利益は見込めないかもしれません。

何はともあれ、仕組みとオーダーの方法を押さえておくことが肝心です。
株式投資など他の投資でも同じことですがFX投資では、損切りという手法はとても大事です。



投資を少しでも知ればわかりますが、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。

起こるべく起きた損失をどれだけ小さくできるかというのがFX投資で失敗しないように続けていく心積もりがあるのなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、そのルールはトレーダーを守る大事なものなので一貫して守るべきです。

FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、どれを選んで口座を開設するのかを入念に調べ、決めてください。

口座を設けるのは想像よりも厄介なことはありませんが、必要以上に口座を設けると維持する手間がかかります。いちから口座を設けるとキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.