ゆうじのFXのメモ帳

FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼

FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼

FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼ると儲けを増やしてはいけないでしょうから、やはりチャートの分析をするなどの努力が必要です。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、探して使ってみて、売り買いにベストなタイミングをうまく判断することが大事です。それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、いろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、広く知っておくと必ず役に立ちます。


投資の中でもFX投資をしているのならば、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるため忘れずに確認したほうがよいでしょう。有名な経済指標の発表と同時に、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、動向に注目するようにしましょう。
同じようなアプリでも実は様々です。中には経済指標の発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、FX業者によりアラートメールが送信されるところもあるので、ベターです。


FX投資のやりかたのひとつとして「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、片方を売却し、片方を購入することで儲けを出すという方法です。


サヤ取りを行う投資家の中にはスワップ金利を用いる人もいますが慣れるまではどちらの方法も利益を得るのは困難といえると思います。まずはとにかく仕組みとオーダーのしかたを押さえておくことが肝心です。FX投資により大金を手にした主婦もいますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。

レバレッジが使えるFX投資では、利益が大きく出る反面、損害も大きく出てしまうのです。誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、失っても良いお金だけを使うように気を付けてください。
少なくレバレッジを設定して、良く考えながら、投資するのが賢明です。もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、大事な確定申告を行いましょう。
申告手続きに際し、FX運用を行う上で必要な諸々の必要経費分はもちろん得た利益分から引いておけます。そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、面倒がらずにきちんと確定申告をしておきますと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、この先々において損失が利益に転じる展望を持っているのなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、FX業者にまず口座を作りますが、その時かあるいは取引を行なう時に最低証拠金が必要になるので、どこのFX業者を利用したいかによって用意したい金額は変わってきます。具体的な金額としては100円の業者があったり5千円〜5万円の所もあって割と色々です。


もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますしその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めるとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本では大体21時〜午前2時の間あたりは活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。



それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きな動きを見せることがありますので、留意しておく必要があります。


重要な経済指標の発表日は押さえておきましょう。



数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、使ってみることを強くおすすめします。



シミュレーションですから仮に大きな失敗をしたとしても損得は関係ありませんし、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。



あまり性急に手持ち金を使って本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、取引のあらましを理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。ここ最近よく見られますが、タブレットで自由にFX投資をする人々が増加中です。
家でノートやデスクトップを起動させてソフトを呼び出してやっと取引をスタートさせるよりずっと楽で、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。



これ以降はさらに一層、スマートフォンもしくはタブレット端末、あるいは両方を使ってFX投資をする人々は増えていくことでしょう。
FX投資においてうまく利益を得ることができた場合はそれは当然課税の対象ですので、ちゃんと正しい金額の税金を払うよう気を配っておくことが大事です。
大きな利益を狙いやすいFX投資で利益を上げ、その申告を怠ってしまう人も少ながらずいてその中には、税務調査が入ってしまい追加で税金を課された人もいるのです。



具体的には20万円より多い利益を出せることができた時には、確実に確定申告をしておく必要があります。



株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、大変重要になってくるのが損切りという手法です。トレーダーとして投資を続けていて、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。



損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかはトレイダーとして投資に向き合い続けられるかどうかというところで大変重要なポイントとなることは間違いありません。



損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず曲げたりせず徹底して守ってください。FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。
決済せずにどんどん増えていく含み損がそれが許容されている基準を超えてしまうと、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。


一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、不足分の証拠金を追加で入金すると不本意な強制ロスカットを回避することもできます。
強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。あまたFX業者は営業してますから、業者をうちからどこを選び口座を設けるのかを入念に調べ、決めてください。

口座開設を行うのはさほど厄介なことはありませんが、多くの業者で口座を作ると管理をするのが面倒になります。

最初の口座開設でキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、自身に合ったFX業者を選択しましょう。スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうFX投資の人気が高まってきており、FX投資用アプリのリリースを行なう業者も同じ様に増えてきています。


そんな業者の中には、自社提供のFXアプリ使用で投資をスタートさせると、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。

ネットの口コミを見聞したり実際の使用感を試してみたりしていろいろ突き合わせて検討し、使い勝手の良いアプリを入手してみるのがおすすめです。
巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、投資したい金額や自分の投資法に合っている業者をじっくり選びましょう。



業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、簡単に考えない方がいいです。取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、少額投資が可能になる最低取引単位が小さい業者が使いやすいかもしれません。

それから、ネット上で使う取引ツールについても操作性を知るためにデモ取引をしたりなど諸々試してみるとわかることも多いでしょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.