ゆうじのFXのメモ帳

さてFXの運用で利益を出せた場合のこと

さてFXの運用で利益を出せた場合のこと

さてFXの運用で利益を出せた場合のことですが当然その分税金がかかってきますので、「知らずに脱税してしまった」などということのないよう細心の注意を払っておきましょう。
大きな利益を狙いやすいFX投資で利益を上げ、申告を忘れたりあるいは怠ったりしたため、詳しく税務署に調査された挙句、税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。
金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。


その申告の時に、FX投資に使った、例えば資料代なども含め諸々の経費は利益分からはマイナスしておけることになっています。


またもし、利益をそれ程得ることがなかった場合であっても、手間を惜しまず確定申告を行っておくと、翌3年にわたって損失の分を繰り越していける決まりがありますから、この先FXで利益を出していく予定なら、ここはやはり確定申告をしておくことが必要です。

FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、どれを選んで口座を開設するのかをよくよく注意して考え、決めてください。

口座を設けるのは想像よりも手間のかかるものではありませんが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと管理をするのが面倒になります。

初めて口座を開くとキャッシュバックといった具合のキャンペーンに誘われないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。主婦の中にはFX投資で大金を儲けた方もいますが、逆に家庭が崩壊するほどの大損をする、という主婦もいるのです。特徴的にレバレッジが使えるFX投資では儲けが大きく出ることと同じように、逆に損失も大きなものとなってしまうのです。誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、本当に大切なお金までつぎ込まないように気を付けてください。



少なくレバレッジを設定して、投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。

比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、自分が投資できる額や投資法に適した会社を選んだ方がよいです。
業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、簡単に考えない方がいいです。
取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。



加えて、取引に実際に使うツールも機能などに違いがあるのでデモ取引をしてみるなど一通り試してみるのがおすすめです。



FX投資を始めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、利用したいFX業者によって異なった金額となります。
具体的な金額としては100円の業者があったり5千円〜5万円の所もあって割と色々です。
さらに、最小取引単位についても業者によって違います。

1000通貨のところもありその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めるとリスクを小さくできるかもしれません。

株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、損切りという手法はとても大事です。

投資をしていれば否応なしにわかることですが、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。

損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかは先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で大切なポイントとなるはずです。



受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、それは生命線と言ってもいい大事なルールですので必ず破ったり無視したりしないようにしましょう。ひとつの方法として、FX投資の手法の中には有名な手法としてサヤ取りという方法があります。サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、一方を売って一方を買うことで利益を得るという仕組みです。


サヤ取りを行う投資家の中にはスワップ金利を用いる人もいますがどちらの手法も要領を掴むまでは利益は見込めないかもしれません。



何はともあれ、仕組みとオーダーの方法を知っておいてください。何もわからない五里霧中の状態で運に任せてFX投資を試しても継続的に利益を上げるのは難しいので、最低限チャートの読み方は知っておくべきです。


機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、しっくりくるものを少し探してみて、いつどのように売買を行うかを見極めるのがよいでしょう。

さらに、チャート分析における有用なテクニックは数多くありますのでそれらも概要をつかんでおくことは決して無駄にはなりません。ここのところよく見かけますが、タブレット端末を操作して自由にFX投資をする人々が増加中です。


帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、いつ、どこででもできるというのが大変な利点となっています。


スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、あまり経験のない人でも取引は容易に行えるようです。これ以降はさらに一層、FX投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々はその数を増やしていくのではないでしょうか。
タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、業者によるFX用アプリの提供もかなり多くなってきたようです。そういった業者の中には、自社アプリを利用してFX取引を行なうことを条件として、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。


とにかく実際に使って試してみたり口コミを探してみたりしていろいろと比べ、自分に合うアプリを入手してみるのがおすすめです。一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに相場が動き取引が活況となりやすいです。



これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、これは要注意です。相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか知っておくべきでしょう。どんな規模であっても、FX投資にあたって忘れないようにしてほしい事は、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。


何かしらの経済指標の発表が行われたら、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、慌てずに対応できる心構えを持ちましょう。FXで使えるアプリは沢山ありますが、中には経済指標の発表前に忘れないように教えてくれるものもありますし、利用するものはすべて利用したい方のためにFX業者によるアラートメールを利用してみるのも有効です。
一般的な大部分のFX業者は、初心者向けあるいは自社のツール紹介も兼ねてFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、使ってみることを強くおすすめします。


あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと懐は痛みませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。あまり性急に手持ち金を使って本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、取引の手順やツールの操作に習熟するまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発せられて教えてくれるので不足分の証拠金を追加で入金すると強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。
この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.