ゆうじのFXのメモ帳

巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする

巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする

巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、自分の投資のやり方や投資額に合う会社を選んだ方がよいです。
業者をどこにするかで損益は変わってきますので、軽々しく決めないでおきましょう。
FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、最低取引単位が小さいことが使い勝手の良い業者です。

そして、実際の取引に使うツールの操作性などもデモ取引をしてみるなどいろいろ試してみるのがいいようです。
FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。


増えすぎた含み損が、その割合があらかじめ定められているレベル以上になると有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。

しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。
注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。



様々な投資がありますがFXでも他の投資でも、損切りという手法はとても大事です。


投資というのはその性質上、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。
起こるべく起きた損失をどれだけ小さくできるかというのが先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分でかなり重要なキーポイントとなってきます。受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、作ったそれはとても大切な命綱ですから破ったり無視したりしないようにしましょう。株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。



巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場の変動が大きくなる場合も多く、注目しておかなければいけません。いくつかの経済指標発表の日程については知っておくのがセオリーです。主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、家庭崩壊させてしまうほど、大損をしている主婦も存在します。レバレッジが使えるFX投資では、利益として大きなものが得られますが、反対に失うものも大きくなってしまうのです。

夫に隠してFX投資をしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないように気を付けてください。低くレバレッジを設定して良く考えながら、投資するのが賢明です。

FX投資では自分の勘を根拠にしていると利益を得ていくことはなかなか難しいですから、やはりチャートの分析をするなどの努力が必要です。



より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、しっくりくるものを少し探してみて、売買のよりよい機会を大きく間違うことのないようにしましょう。

それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、有用なテクニックは数多くありますのでそれらも概ねを学んでおくのがおすすめです。
数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれ実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、必ず一度は試用してみるべきです。デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても絶対に損が出ることはありませんし、その業者の取引ツール自体の操作に慣れることができます。

性急に手持ち金を注ぎ込んでFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。ひとつの方法として、FX投資の手法の中には「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。

サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、割高な方を売却し、割安な方を購入して利益を得るという考え方です。サヤ取りを行う投資家の中にはスワップ金利を用いる人もいますが慣れるまではどちらの方法も利益は見込めないかもしれません。何はともあれ、仕組みとオーダーの方法をご理解願います。
いまや手放すことのできないスマホやタブレットを便利に使ってFX投資を行なう人が増え、FX投資用アプリのリリースを行なう業者もかなり多くなってきたようです。それらの業者のいくつかは、自社提供のFX用アプリをダウンロードしてFX取引を行なうようにすると、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。口コミの意見を調べたり実際に使ってみてじゅうぶん比較検討し、自分に合うアプリを入手してみるのがおすすめです。
FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、どこのFX業者を利用したいかによって金額は違ってくるわけです。



具体的な必要最低証拠金を100円としている所もあったり5万円だったりもします。
それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めると大きな間違いはなさそうです。FX業者は世に多くいますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかをよくよく注意して考え、決めてください。



FXのための口座を開くのは言うほど難しくありませんが、たくさんの口座を開くと多くの口座に注意が散漫し苦労します。

いちから口座を設けるとキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。

近頃の傾向としては、ハンディなタブレット端末を利用して隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてチャートを見てやっと取引スタート、というのよりずっとスピーディで、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

チャートアプリなども大変充実してきましたので、FX経験の浅い人にとってもそう敷居の高いものではなくなっています。これからはさらにスマホやタブレットを携帯してFX投資に活用する人々は間違いなく増えていくでしょう。



もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、確定申告を確実に行うようにするべきです。
確定申告の時、FX投資に付随する諸々の経費は得た利益分から引いておけます。それから、利益を上げられなかった場合であっても、とにかく確定申告はしておくことです。

そうすると、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。FX投資をするうえでは、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。経済指標の発表に連動するかのように、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、用心するようにしましょう。
FXで使えるアプリは沢山ありますが、経済指標の発表前に忘れないように教えてくれるものもありますし、忘れないようにアラートメールを使って教えてくれるものもありますので、使ってみるのも有効です。
首尾よくFX投資で利益を得ることができましたらそれは課税対象となりますから、税金の払い忘れがないよう用心しておくべきです。多額の利益をFX投資で得ることができたのにそれを申告せずに放置してしまい、税務署に詳しく調査されて税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、間違いなく確定申告をしておかなければなりません。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.