ゆうじのFXのメモ帳

主婦の中にはFX投資で大金を儲けた方もいますが、逆

主婦の中にはFX投資で大金を儲けた方もいますが、逆

主婦の中にはFX投資で大金を儲けた方もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。レバレッジが使えるFX投資では、儲けが大きく出ることと同じように、逆に損をする際も大きくなってしまうのです。

FX投資を、夫に内緒でしたり、失っても良いお金だけを使うようによく考えてください。レバレッジを小さくして、投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。

最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。
なにしろ帰宅してPCの前に座って取引を始めるよりもはるかに容易で、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。便利に使えるFXアプリなども相当数出てきましたし、FX経験の浅い人にとってもそう敷居の高いものではなくなっています。どうやらこの先はさらに持ち歩けるスマホやタブレットをFX投資に使う人々は間違いなく増えていくでしょう。もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、確定申告を忘れないようにしましょう。



申告手続きに際し、FX運用を行う上で必要な諸々の必要経費分はもちろん得た利益の分から差し引けます。
また、思ったように利益を増やせなかった時でも、確定申告はしておきましょう。


申告しておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、この先、損失より利益を上回らせていくつもりなら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。



数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使用してみることです。

バーチャルトレードですからどう転んでも損が出ることはなく、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。

深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使って本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、取引の手順やツールの操作に習熟するまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。さてFXの運用で利益を出せた場合のことですがもちろんそれは課税対象なので、うっかり税金を払い忘れることのないよう留意しておかないといけません。巨額の利益をFX投資で手に入れたというのにそのことを申告しないでいたために、税務調査が入ってしまい追加で税金を課された人もいるのです。


具体的な額として20万円より大きい利益となった時には、確実に確定申告をしておく必要があります。



どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、FX業者をどこにするか選択次第で用意したい金額は変わってきます。具体的な金額としては100円の業者があったり5千円〜5万円の所もあって割と色々です。そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったり10000通貨になっているところもありますが、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな間違いはなさそうです。多くの手法が存在するFX投資ですがサヤ取りという方法があるのをご存知でしょうか?サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで利益を得るという仕組みです。サヤ取りを行う投資家の中にはスワップ金利を用いる人もいますが慣れるまではどちらの方法もなかなか利益はでないと思われます。手始めに仕組みと注文のしかたをご理解願います。



FX投資で一儲けしたい方には、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、きちんと確認することは勝利への一歩です。
経済指標の発表が行われた途端、相場が慌ただしく変動することがあるので動向に注目するようにしましょう。FXで使えるアプリは沢山ありますが、中には経済指標の発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、一つの方法です。
投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。
たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、決められているレベルを超えてしまったとするとFX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。
ただし、強制的なロスカットが行われる水準に近づくとマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。


強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、どれを選んで口座を開設するのかをよくよく注意して考え、決めてください。
口座を設けるのは想像よりも苦労のいるものではありませんが、必要以上に口座を設けると口座の切り盛りが難しいです。



最初の口座開設でキャッシュバックといった具合のキャンペーンに誘われないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。



巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、自分の投資のやり方や投資額に合う会社をピックアップしましょう。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、軽々しく決めないでおきましょう。FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者に向きます。意外と重要ですが、各業者で特徴の異なる取引ツールも操作性を知るためにデモ取引をしたりなどいろいろ体験してみるのがわかりやすいはずです。
FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りは大事な手法です。


投資の世界に少し触れれば実感することですが、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。

損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりならかなり重要なキーポイントとなってきます。

損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、そのルールはトレーダーを守る大事なものなので破ったり無視したりしないようにしましょう。
スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうFX投資の人気が高まってきており、それに対応してFX関連アプリをリリースする業者も増え続けています。


そういった業者の中には、自社アプリを利用してFX投資をスタートすることで、キャッシュバックがつくなどの恩恵を得られるキャンペーンを行っている所も見かけます。

口コミの意見を調べたり実際に使ってみていろいろ突き合わせて検討し、自分にとってよりベターなアプリを選び出してみるのが良いでしょう。一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。


それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。



これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、相当の注意を払っておくべきです。

ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか押さえておきましょう。ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても継続的に利益を上げるのは難しいので、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。フリーでも高機能のチャートソフトやアプリもいろいろありますので、探して使ってみて、売り買いにベストなタイミングを考えてみるのは賢い手です。
さらに、チャート分析におけるテクニカルなものについてもいろいろと、概ねを学んでおくのがおすすめです。

関連記事

Copyright (c) 2014 ゆうじのFXのメモ帳 All rights reserved.